読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAKOBLOG

「あなたの身体を最もいい状態にする方法」新潟パーソナルトレーナーが伝える身体の使い方

ワークアウトで意識すること【NIIGATA SAKO】

今日はパーソナルトレーニング後の、キッズコーディネーションとキッズブラジリアン柔術コースとあっちへこっちへ行ってきた迫です。

ボディメークを成功させる秘訣は?

筋肥大を目指した速筋を鍛えるワークアウトをすることです。

スロトレではなく、筋繊維を最大限に稼動させるウェイトトレーニングを行うことです。 

ワークアウトで意識する点は?

最大パワーと代謝機構、継続可能な運動時間の3つです。

最大パワーが75-90%

代謝機構が速い解糖

継続可能な運動時間が30秒から2分の領域となります。

いわゆる無酸素運動の30秒から45秒のワークアウトと言われます。

f:id:sako-japan:20160812173313j:plain

スローでは筋肥大しにくい?

重い重りを速く動かすことがパワーをうみます。

速筋を鍛えるのであれば、スクワット1つとってみても、足の裏で床を押す際の速度もスローで行っている場合と、押す速度を全力で行った際では全く違った結果になります。

100M走の走者とマラソン走者では、身体が全く違うと思います。

有酸素運動や1セット中のワークアウト時間が長いほど筋肥大はしなくなるということです。

f:id:sako-japan:20160920231734j:plain

ポジティブでいきましょう!

プッシュアップをとってみても、大切なことは速度と重さ(負荷)でありそこにパワーがうまれます。

セットポジションからネガティブ(下ろす)動作をする際、もうポジティブ(上げる)動作を考えています。

常に床を押す!押す!押す!という考えを持ってプッシュアップを行うことを勧めています。

f:id:sako-japan:20160812173320j:plain

まとめ

以前も書かせていただきましたが、ヒトも動物なのです。

動物は生死の限界の中で、狩りを行い歩く、走る、飛ぶといった身体の限界を超えて生活しています。

筋繊維に危機感が出た際に成長をします。

常に新しい刺激や改善を入れることが重要であり、30秒を目安に限界の重りや速度でワークアウトを行うこと(もちろん正しいフォーム)が、ボディメークを成功させる秘訣と考えます。

あなたのワークアウトは何秒ですか?

f:id:sako-japan:20160414181455j:plain

私たちは、トレーニングを教える為だけにトレーナーをしておりません。お客様に合わせた健康的なライフスタイルを提案することで、 生涯、家族や友人と笑顔で過ごす日々を楽しんでいただきたい。その手段として、運動・栄養・休養の三つの柱を提案していきます。そして、一人でも多くの方の健康寿命を伸ばす事で、社会貢献していきたいと考えます。

「WE ARE LIFE DESGIN COMPANY」

SAKO PERSONAL TRAINING STUDIO
950-0916新潟市中央区米山4丁目17-17
TEL:025-250-6557

sako-japan.com

※現在予約システムのメンテナンス中となっております。ご相談、体験のお申し込みはメールまたは電話にてお受けしております。メールでお問い合わせいただける方はこちらをご確認ください。

①お名前 
②ご連絡先 
③体験希望日時第一候補から第三候補まで
(例:1日12:00〜16:00の間、3日9:00〜12:00の間、5日終日ok) 
④これからの目標やプランがあればお伝えください。どうぞよろしくお願いいたします。

HOME PEGE:
http://sako-japan.com

FACE BOOK
SAKO PERSONAL TRAINING STUDIO:
https://www.facebook.com/sakopersonaltraining/

TRAINERS TABLE BY SAKO:
https://www.facebook.com/trainerstable/

INSTAGRAM
http://www.instagram.com

 

《 企業ウェルネスアドイザー&セミナー開催 》

SAKOでは、企業で活躍する社員様の為にストレス緩和、パフォーマンスアップができるような健康管理を提案するサービスをご提供しております。気になるサービスがございましたらぜひお問い合わせください。

教育コンサルティング
当スタジオトレーナーを派遣し出張での認定講座の開催、及び企業にあわせた研修プログラムも行っております。 委託金額は内容詳細により異なります。

①トレーナー出張指導 
 ※4名以上受講+講師の往復交通費、宿泊費が別途必要となります。
②オリジナルメニュー開発(研修マニュアル&初回指導付き)
③企業タイアップ、イベント企画