読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAKOBLOG

「あなたの身体を最もいい状態にする方法」新潟パーソナルトレーナーが伝える身体の使い方

パーソナルトレーナーSAKOも実践する、最も身体を最適に動かす方法

ゴールデンウィークも後わずか!皆様どうお過ごしでしょうか?迫はトライアスロンに向けて練習量を増やしております。

最近は早朝トレーニングとして、バイクとランのブリック練習に取り組んでいます。

実は小中学生の頃は、アトピー不整脈、喘息もあり、運動することが好きではありませんでした。正直な所、トライアスロンは「キツイ」「辛い」の連続です。しかし、その先にある自身の五感すべてを使用して、目標というゴールに向かう「生きている」という、充実感を感じさせてくれる競技だと思います。f:id:sako-japan:20160504135833j:plain

身体を動かすことは、本来ヒトが行っていた狩りや農耕のことです。

現代社会では、自ら動かさなくとも生きていくことができるようになっています。ドアトゥードアで生活している街中に住む方は特にそうではないでしょうか?

体操やトレーニングで、身体を動かし、普段使っていない部分まで筋肉を使えるようにしてあげるだけでも、身体は生きている感覚になり喜ぶと思います。

f:id:sako-japan:20160330132605j:plain

新潟市でプライベートジムのパーソナルトレーナーとして、皆様の健康をクリエイトしている迫慶太(さこけいた)も実践していることがあります。

f:id:sako-japan:20160504142431j:plain

今回は、迫も日常生活から実践していることの一つである。身体を動かすということについてお伝えしていきます。

身体を動かす上で知っておくべきワードが数個あります。一言に運動といっても様々な運動があります。その中でSAKOが注目している「股関節」をご紹介いたします。

それは「腰」関節レベルで言うと「股関節」です。

腰は身体へんに要と書いて、腰と言います。そう腰は身体の要なのです。その要を動かしている関節が、「股関節」です。股関節はすべての動作に連動をうみだします。何気ない動作一つとっても関連してきます。

例えば、座って立つという動作や腕を回すといった動作。

①股関節→②腰椎→③胸椎→④肩甲骨→⑤頚椎

この連動を意識する所から始まります。

「意識」が「無意識」になるまでが大切なことです。正しい連動を意識した動作をするということは、自身のクセ、柔軟性、筋力によって変わってきます。あなたは股関節を意識したことはありますか? 

sako-japan.com

5月6、7日はサコジェラ感謝祭もお忘れなく...

f:id:sako-japan:20160429164248j:plain

「あなたが変わることは、あなたの家族の未来も変えることに繋がります」

お客様に合わせた「健康的なライフスタイル=運動・栄養・休養の三つの柱」の提案させていただきます。

現在予約システムのメンテナンス中となっております。ご相談、体験のお申し込みはメールまたは電話にてお受けしております。ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

SAKO PERSONAL TRAINING STUDIO
950-0916新潟市中央区米山4丁目17-17
TEL:025-250-6557

sako-japan.com